HOME > 適応症 > ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰について

ぎっくり腰

 当院ではほとんどの場合1~3回のカイロプラクティック治療で症状は改善しています。

 ぎっくり腰は重いものを持ち上げようとしたときに起こると思われがちですが、ちょっと体をひねったり、何か物を取ろうとしたときなど普段の動作でも起こります。

 ぎっくり腰のほとんどは普段の癖や悪い姿勢、睡眠不足、肉体的・精神的ストレスなどの日常生活での負担が積もりに積もって起こりますので、ぎっくり腰の原因を改善していかなければ症状をいつまでも繰り返すことになってしまいます。

 ぎっくり腰の中には腰椎椎間板ヘルニアなどの重症な例もありますが、ほとんどは筋肉の強い緊張や関節のずれ、捻挫などです。何も治療を受けないでおくとぎっくり腰が再発する可能性が高くるので注意が必要です。

 1993年にカナダで行われた急性腰痛(ぎっくり腰)に対する研究では、カイロプラクティック治療が他の治療法よりも効果があるということが証明されていますのでご安心下さい。

 前述したようにぎっくり腰のほとんどの原因は筋肉の過度な緊張や関節のずれなので、カイロプラクティックでかなりの効果が現れます。もちろん施術の前にはしっかり検査を行ないその原因を明らかにしていくことも行ないます。

 施術後にはテーピングや再発防止のためのエクササイズ・ストレッチなども行ないます。

 ぎっくり腰のような急性の症状は、炎症が強く起こるので、応急処置として患部をアイシング(冷却)し安静にすることが一般的です。


 

ページトップに戻る