本文へスキップ

長崎県佐世保市のカイロプラクティック。整体。

当日予約もOK!
予約TEL.0956-76-9280

[受付時間] 月-土 9:00-20:00 日 9:00-17:00
定休日:火曜・祝日

活動報告3-2008

HOME>活動報告>活動報告3-2008

2008アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎
開催日:2008年6月22日(日)
開催地:長崎県五島市福江島
競技内容:スイム3.8km,パイク180.2km,ラン42.2km
参加選手:933名

<報告>
 6月22日(日)にアイアンマンジャパントライアスロン五島長崎が開催されました。ボランティア治療は20日、21日の両日行いました。
 参加メンバーは、岸本太治B.C.Sc、石丸文悟B.C.Sc、鈴木一暢B.C.Scの三人で、治療人数は2日間で延べ115名でした。
 大会前日までは大雨でしたが、当日は朝方小雨が降る程度で海のコンディションも良く、タイムも伸びたようでした。しかし、バイクでは地面が濡れていたせいか走りにくい面もあったようです。
 毎年参加しているこのボランティア治療は、選手達にも浸透してきており、毎年のように治療を受ける選手達も大勢いらっしゃいました。
 選手達の主訴は体のメンテナンスや軽い症状が多かったように感じますが、中には歩行が困難だったり、スイム時に肩が痛む選手などレースに支障がある症状を抱えている選手もいました。
 トライアスロンはスイム3.8km,バイク180.2km,ラン42.2kmと過酷な競技ですが、意外に選手達は普段体のメンテナンスなどを行なっていない状態でした。そのような選手には、定期的な体のケアの必要性をお話しました。
 このように、カイロプラクティックという名前だけは浸透してきているようですが、選手達が普段からメンテナンスを行なうほど一般的にはなっていないという現状を痛感しました。今回のようなボランティア治療を中心に活動し、今後益々カイロプラクティックの啓蒙を行なっていかなければならないと実感しました。
   今回はこの三人で治療を行ないました。右から岸本太治B.C.Sc、石丸文悟B.C.Sc、鈴木一暢B.C.Sc。
   個人的には今回で3回目の参加だったので以前施術させて頂いた方も多くいらっしゃいました。いつもは疲れ果ててしまうのですが今回は体調もよく施術できました。
   施術を行なっている岸本先生と鈴木先生。岸本先生は五島は始めてでしたが、今までの臨床経験やその他のボランティア活動の経験があるため、非常にスムーズに施術されていました。
   周りにはスポーツ用品や五島の名産品などが売られていました。以前から欲しかったので、今回はジョギング用に吸汗速乾性に優れたTシャツを購入させて頂きました!!
   これは、前夜祭でのお食事です。まず、写真のように空の容器を渡されます。これが↓下のようになります!
   完成形がこれです!肉はササミ中心で、とにかく量がものすごく多かったです。選手達はこれにハヤシライスをつけてました。やはり長距離選手は食べないとですね!
   そしてこれは、次の日の夜の民宿でのお食事です。こっちの方が量が多かったような気がします。(汗)

 海鮮料理が主体で非常においしくいただき、疲れが取れました!民宿の方、ありがとうございました!!
   レース当日、去年は寝坊してしまいスタートに間に合わなかったので今回は気合を入れて早起きして6時ごろ民宿を出ました!

 応援も気合が入ってます。写真は某運送会社の方々による太鼓つきの応援です。
   まずはスイムから。過酷なレースが始まります。写真は折り返し地点です。生で見ると距離の長さをものすごく感じました。
   スイムを終えて、バイクに乗るところです。小雨が降っていたので地面が濡れて滑りやすかったかもしれません。

 バイクは180,2km。よくわからないほど長い距離ですね。しかし、選手達は楽しみながら乗っているように感じました!
   バイクを降りてランへ。写真はトップ集団の選手です。180kmのバイクを終えた後とは思えないスピードで走り抜けていきます。

 今回はオーストラリアの選手が総合1位。女子は日本人選手が1位でした。どちらもカイロ治療を受けられていたので嬉しい限りです!!

 今年も選手達にパワーをもらってきました!
→活動報告1へ
→活動報告2へ