本文へスキップ

長崎県佐世保市のカイロプラクティック。整体。

当日予約もOK!
予約TEL.0956-76-9280

[受付時間] 月-土 9:00-20:00 日 9:00-17:00
定休日:火曜・祝日

HOME>ブログ>症例報告>36歳 女性 主婦 妊娠中のぎっくり腰

36歳 女性 主婦 妊娠中のぎっくり腰

現在妊娠5か月です。

今朝、ひどい痛みを腰の右側に感じ、痛くてちゃんと歩けなかったのでタクシーで来ました。

普段から腰に疲労感はありましたが、痛くはありませんでした。

2歳の子供をよく抱っこするので、それが原因かもしれません。

10年ぐらい前にも同じようなひどい腰痛になったことがあります。


<院長のコメント>
腰の動きを確認したところ、すべての動きで痛みと可動制限がありました。特に腰を反らすと痛みが強くなりました。

また、腰の筋肉の緊張が強く、骨盤の関節の動きも固まっていました。

今回の腰痛は骨盤のズレと関節の可動制限が主な原因でした。また痛みを感じている部位の炎症があったと思われます。

施術は痛みを感じないよう慎重に行いました。まずは腰周辺の緊張した筋肉を緩和していき、骨盤を矯正しました。

施術後痛みは半減し、比較的動けるようにはなったのですが、まだ十分ではなかったので、腰にテーピングをして冷却シートで患部を冷やしました。

2日後再度ご来院いただき、ほとんど痛みはなくなっていましたが、まだ骨盤のズレや動きの制限があったので前回と同様の施術を行ない症状は改善されました。

妊娠中は関節の不安定性があり捻挫や関節の炎症を起こす可能性が高いですが、早期に施術を行なえば早期回復が期待できます。


妊娠中の腰痛についてはこちらから ⇒ 妊娠中の腰痛


症例報告一覧へ